REPORT

外反母趾も含め足の親指(第1趾)のトラブルは踵周りの問題

コミュニティショップ アド #シューフィッター 菅原 正司朗 (Masashirou Sugawara) です。

4日のオープンから SUPERfeet(スーパーフィート) のフィッティング希望

の方が多数ご来店頂きうれしい限りです。

本日は、左足の親指(第1趾)が曲がらないという相談の女性プレーヤーの
お客様のカウンセリングをさせて頂きました。

インソールもいろいろ試してみたが改善しないということで
足を拝見させて頂きましたところ

荷重時にかかと周りの関節群が過剰に
動きすぎてしまう=オーバープロネーション(過剰回内)の状態でした。

足は非常に細い足ですが幅広いシューズを選択されて
いる事でかかと周りの関節群の動きに合わせて中足骨が
過剰に開いていってしまう現象(開帳足)が起きています。

シューズを見直して頂き、#トリムベリー をフィッティング
させて頂きました。

外反母趾も含め足の親指(第1趾)のトラブルの原因は
かかと周りの関節群が過剰に動きすぎたことが要因にあります。

つまり、「かかとの病気」になります。

#スーパーフィート 以外のインソールは偏平足等足のトラブルに対してアーチを持ち上げる等足の形を無理やりつくる
インソールになりますが、

低下した土踏まずを無理やり持ち上げてしまうと逆効果になります。

重要なのは、原因であるかかと周りの骨格を整え、足本来の働きを導き出すことにあります。

スーパーフィートインソールは足本来の効率的な動きを取り戻す事ができる唯一のインソールです。

#adosuperfeet #あなたの足を診せてください #シューフィッターのいるテニスショップ #ミズグチメソッド #足のトラブル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る