REPORT

アシックスNEWシューズゲルコートFF2を体感

シューズ アシックス コートFF2 に変えました!

トップシード、ゲルエンクィスト、ゲルレベル、ゲルセンセーション、ゲルチャレンジャー、

ゲルレゾリューションと約20年歴代のスタビリティーモデルを履き続けていましたが…

アシックスのスピードモデルが年々進化して
いる事は分かっていましたが、今年43歳になる
クラシカルなテニス時代の人間としては

シューズ、ラケットは重いのがいい!という
固定観念がありなかなか踏み出せなかったけど…

以前、私が絶大な信頼を置いているアシックス 笠松 宏樹さんからコートFF1の発売の時に

「スタビリティー性能が上がっているので一度試しみて下さい」と言われた事を思い出し最近機動力も

落ちてきたので思い切って変えてみました。

もちろん #スーパーフィート との組み合わせで。

いつもはスタビリティーモデルを履いてたので足部の可動性をだすため #トリムブラック を使用していましたが、

スピードモデルに変えたことで

スタビリティーが落ちると思い安定性をだせる #トリムグリーン に変更しました。

結果は…

大正解でした!

シューズの完成度が凄い!通常安定性と機動性は両立が難しいというのが常識ですが
横に振られた時の安定性はそのまま、むしろ上がってます。

さらに一番感じたのは前後の動き。間違いなく
コートの中に入っていく動きがスムーズになっています。

これはスタビリティーモデルで仕様されているフラットソールからセパレートソールになった事の恩恵がかなりあると思います。

笠松さんが「開発の人間がジョコビッチの要望に応えてるのに苦労した」とおっしゃっていましたが、

彼のパホーマンスを満足させるアシックスの技術力、改めて凄いと思いました!

改めてシューズの重要性を感じた日でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る