REPORT

「足入れサイズ」と「靴型サイズ(ラストサイズ)」

コミュニティショップ アド #シューフィッター 菅原 正司朗 (Masashirou Sugawara) です。

日本の靴サイズと外国の靴サイズの大きな違いは

日本の靴サイズは●「足入れサイズ」
外国の靴サイズは●「靴型サイズ(ラストサイズ)」
になります。

「足入れサイズ」とはその靴に合う
長さ(足長)などが表記されていてサイズ24cmの
靴には24cmの長さの足が無理なく収まるようにつくら
れています。

なので24cmの靴の中敷のサイズを測って
みると…25cmになってますよね。
ちなみに革靴は更に余分にサイズをとっています。

よく海外のメーカーの靴を履くと
「外人は足が細いから海外の靴は細くて
履けないんだよねー」

と言う声をききますが…海外の靴はそもそも日本の
サイズ規格とまったく考え方が違います。

日本の「足入れサイズ」は当てはまりません。

更にフレンチ(EUR)はセンチ、イギリス(UK)、
アメリカ(USA)はインチとバラバラです。

今履いているサイズが本当に正しいサイズなのか
はきちんと専門家に診てもらいましょう!

#あなたの足を診せてください #superfeet #正しいシューズ選び #シューフィッターのいるテニスショップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る